【第94回選手権東京都Bブロック予選展望】國學院久我山を本命に、帝京、東京朝鮮、実践学園が追う展開に

 第94回全国高校サッカー選手権大会 東京都大会の組み合わせが決まった。Bブロックの本命は國學院久我山だ。今年は関東大会予選準優勝、高校総体都予選も準優勝、全国ではまさかの初戦敗退となったが、昨年のメンバーであるDF野村を中心とした堅い守備に加えて、MF知久、名倉、FW渋谷の2年生トリオがハイプレスとシュートカウンターで試合巧者ぶりを発揮する。

今年は東京では準優勝ボルダ―の久我山、連続出場回数を伸ばせるか

今年は東京では準優勝ボルダ―の久我山、連続出場回数を伸ばせるか

  対抗は、古豪復活を目指す帝京を上げておきたい。GK渡辺、MF桑島、長倉とタレントが揃っており、Tリーグでは安定した順位につけている。順当にいけば準決勝で、高校総体予選で敗れた東京朝鮮との対戦となるが、しっかり守ってからの攻撃を仕掛ければ雪辱も可能だ。

 その東京朝鮮は高校総体予選で、久しぶりの上位進出を果たした。スピード抜群の絶対的エースFWリャン・ヒョンジュを中心に堅い守りと全員が走るサッカーを展開する。この両者の勝者が國學院久我山と決勝で対戦する可能性が高い。

高校総体予選ではベスト4の東京朝鮮。久我山を倒して選手権出場となるか

高校総体予選ではベスト4の東京朝鮮。久我山を倒して選手権出場となるか

  実践学園も不気味存在だ、昨年は選手権予選準優勝、T1リーグ優勝でプリンス関東参入戦に敗れる惜しいシーズンとなった。今年も各種大会、リーグで安定して成績を上げており、守備が安定すれば可能性は十分だ。修徳は今シーズン目立った結果を残していないが、勝つための采配が光る岩本監督の手腕に注目だ。

 その他にもダークホースとして、T3リーグで首位を快走する早稲田実業と暁星にも頂点を狙う力を持っている。

 東京都Bブロック予選は9月12日に開幕、11月14日味の素フィールド西が丘で決勝が行われる。

■主な高校の直近の成績

チーム 予想 昨年選手権 リーグ戦(8月30日現在) 高校総体 関東大会
東京朝鮮  ベスト16  T2リーグ6位  ベスト4 1回戦  
都立・三鷹中等教育   優勝(全国1回戦)  T2リーグ10位   1回戦  
東海大菅生   ベスト8  T3Bブロック7位    2次トーナメント1回戦 ベスト8 
帝京 1回戦  T1リーグ7位  ベスト8   ベスト16
早稲田実業   1回戦  T3Bブロック1位   ベスト8  1回戦 
成立学園   ベスト16  T1リーグ8位     
修徳 ベスト4  T3Aブロック2位      ベスト8 
実践学園   準優勝    T1リーグ6位    ベスト4 
東海大高輪台   1回戦   T2リーグ2位    1回戦 
暁星   ベスト16  T3Aブロック1位    2次トーナメント1回戦 1回戦 
國學院久我山 優勝(全国ベスト16)   T1リーグ4位    準優勝(全国1回戦) 準優勝

■1回戦
都立三鷹中等教育 vs 駿台学園
都立日野台 vs 駒場学園
大成 vs 都立東大和
目白研心 vs 都立国分寺
大東文化一 vs 都立松が谷
東海大菅生 vs 日大三
成立学園 vs 修徳
桐朋 vs 実践学園
東海大高輪台 vs 青稜
都立片倉 vs 成蹊
国士舘 vs 都立調布南
都立狛江 vs 暁星

■シード4校
東京朝鮮(都立三鷹中等教育 vs 駿台学園の勝者と対戦)
帝京(東海大菅生 vs 日大三の勝者と対戦)
早稲田実業(成立学園 vs 修徳の勝者と対戦)
國學院久我山(都立狛江 vs 暁星の勝者と対戦)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る