【サカスタ024】FW青柳燎汰(前橋育英)

鈴木、渡邊に負けず劣らない前橋育英のエースストライカー

 P8232833

 先日の日本代表戦、前橋育英出身の皆川の代表デビューに刺激を受けたことに違いない。今年は渡邊凌摩、鈴木徳真の2人が世代別代表に選ばれ注目されるが、今年の前橋育英のエースストライカー青柳燎汰(3年)も素晴らしい選手だ。
 
 8月に行われた高校総体では4試合連続で5得点、チームをベスト4に導いた。プリンスリーグ関東でも現在5ゴールと結果を残している。プリンスリーグ関東の後半戦のスタートとなった國學院久我山戦では、先制点をアシスト。と言ってもシュートしたボールがゴールポストに当たって味方が詰めたため、アシストと記録されたがほぼ青柳のゴールと言ってもいい。その後は雨の中、ボールをつなげない久我山からボールを奪い、チームは主導権を握る。前半終了間際にも左サイドからグランダーのクロスを久我山のGKとDFの間に入り、見事に合わせてゴール。後半終了間際にも見事なカウンターから梅澤ぼゴールをアシストの大活躍、鈴木、渡邊のいないチームを引っ張った。
 
 今年の前橋育英は、ショートパスでなく、ロングボールも有効に使っている。そこで起点となるのが青柳だ。180cmの長身FWは競り合いにも強く、チームも青柳が競った後のボールをキープし、チャンスを演出している。この日も競り合いはほぼ勝ち続けた。ポストプレーもこなし、シュートも上手い。一昨年のエースストライカー外山、昨年の小口と比較しても遜色のない活躍を見せている。
 
 小学校時代は埼玉の名門江南南に所属、中学校時代はクマガヤSCで10番を背負いトップ下としてチーム引っ張った。そして前橋育英入学後も存在感を示し、1年時には鈴木徳真と2人のみ選手層の厚い前橋育英の中、選手権のメンバーにも入った。
 
現在プリンスリーグ関東では3位のチームは昨年に続いて、プレミアリーグ進出に標準を合わせる。そして、高校総体ベスト4の自信を胸に高校選手権でも優勝を狙う。そのためには、青柳の活躍が不可欠だ。
P8232986
 
P8232869

 

チーム名 前橋育英
ポジション FW
背番号 9
サイズ 180cm/70kg 
学年 3年
前所属 クマガヤSC
代表歴  

この記事を書いた人

サカスタU18
サカスタU18
サカスタU18の運営者です。高校世代のサッカーが大好きでこの世代にフォーカスしたサイトを作り応援しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る