【サカスタ026】FW中山歩(西武台)

西部台 中山歩

無尽蔵のスタミナで勝利を呼び込むストライカー

 

 20140914_103411

 90分間、休むことなく、前線からの激しいプレッシャーをかけ、相手のリズムを崩す。そして攻撃時には強引とも言えるポストプレーと突破でゴールを狙うのは西武台のFM中山歩(3年)だ。そのプレーは観ているものに、一生懸命の素晴らしさを教えてもらっているような気持ちになる。
 
 この日のS1リーグの昌平高校戦では、中山の孤軍奮闘だった。高校総体出場、S1リーグでも上位を走る西武台だが、中山から始まる連動したプレスが出来ず、得意のショートカウンターで攻撃を作ることができなかった。昌平のショートパスと2トップを走らせ、西武台の裏のスペースを突くロングパスの組み立てにラインを上げることが出来ず、ボールの奪いどころを見失っていた。当然、1トップの中山は孤立することになった。

  

 それでも責任感が強いのであろう。2点リードされた状況でも最後まで諦めず、強引とも言える反転や素早いルーレットで、前を向こうと打開しようと試みるが、チャンスを作れない。試合終了までプレスとポストプレー、ゴール前での動きを愚直に繰り返してしている姿は、感動すら覚えてくる。

  

 それもそのはず、昨年までは豊富な運動量でボランチをやっていたが、その頑張りをチームに上手く活かすため、FWとコンバート。前線からのプレッシングからのショートカウンターが得意なチームのスタイルに適合している。

 

 しかし、ただの汗かきFWではない。ゴールという結果も出している。高校総体予選では5試合連続ゴール。2回戦から登場となった高校総体の帯広北戦では、ダメ押しの3点目を決めた。残念ながらPKで敗れた3回戦の鹿児島実業戦も先制点をアシスト。っストライカーとして得点に絡む仕事もしっかりこなしている。

 

 きっと、部員175人以上いる名門の1トップとしての使命をそうしているのであろうか。来月からいよいよ、埼玉県予選が始まる。昨年は終了間際に逆転負けという悔しさを味わった。今年の高校総体では、全国でも十分やれる自信も付けた。彼の活躍で4年ぶりの選手権出場にも手が届くはずだ。

 

チーム名 西部台
ポジション FW
背番号 9
サイズ 174cm/70kg 
学年 3年
前所属 朝霞エステレーラ
代表歴  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

進路情報

サカスタU-18は次のステージとなる進路情報についてわかる範囲でお伝えします

ページ上部へ戻る