【サカスタ041】MF新井晴樹(正智深谷)

勝負強い2年生ドリブラーがチームを勝利に導く!

【埼玉県リーグ1部6節 正智深谷2−1西武文理】
 
 IMG_1638
 
 正智深谷が粘る西武文理を逆転で勝利した。この立役者は、MFの新井晴樹(2年)だ。前半開始早々に先制され、正智深谷は中央へのロングフィードと単調な攻撃を繰り返し、高さと強さを兼ね揃える西武文理のCBに跳ね返される。そんな中、チャンスを作ったのは左サイドからの新井のスピードある突破だ。
 加速力のあるドリブルと相手のタイミングを外す切り返しで唯一相手に脅威を与えていた。しかし、相手の警戒され、前半の終盤にはその存在が消えてしまった。
 
 IMG_2125
  
 後半になると、攻撃的MFの小島とFWの小池を投入し、流れが正智深谷ペースとなる。新井自身もリズムが出てきて、右サイドへポジションを変更したりと動きに工夫を重ねた。チームは後半32分に同点に追い付くと、新井は「もう1点取るぞ!」と声を出してチームを鼓舞。そして結果を残した。
 
 後半のアディショナルタイム、勝利を狙って前がかりとなった西武文理の左サイドを付いて、新井がドリブル。西武文理の長身CBを巧みなステップで振り切り、中央へ優しいクロス、中央でフリーの小池がきれいにヘディングシュートを決め、劇的な勝利となった。
 

IMG_2198

 新井が出身のFCアウルは正智深谷の小島監督が代表を務める街クラブで正智深谷の下部組織と言われている。今日の全得点を決めた小池もFCアウルの出身。同じクラブ同士で息のあったプレーを魅せた。
 昨年の選手権埼玉予選では、1年生でメンバー入り。浦和東の前にPKで敗れたが、延長後半から出場するという貴重な経験を積んだ。これからの高校総体予選、選手権予選と新井の活躍から目が離せない。
チーム名 正智深谷
ポジション MF
背番号 8
サイズ 168cm 
学年 2年
前所属 FCアウル
代表歴  

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る