【サカスタ031】野村祐一朗(昌平)

意外性を持ったエースストライカー

 IMG_7096
 
第93回全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会の準々決勝貴重な2得点を決め、強豪武南に勝利したMOMは昌平の9番野村祐一朗(3年FW)だ。
 
この日、前半開始早々に武南にセットプレーから先制され、選手権の経験値に勝る武南のペースになるかと思われたが、野村はすぐにエースとして結果を残す。相手GKがボールを持つと全力で詰め、クリアボールが当たり、そのままボールに吸い込まれ、同点に追い付いた。
 
同点後、すぐにほぼ縦からの難しいクロスを何と頭で合わせたが、誰もがここでヘディングするとは思わなかったであろう。マークについた相手DFもまさかここで、ヘディングと考え、体を寄せておらず。GKも不意をつかれ、反応が遅れ、ボールはゴールネットに揺らし、先制されてからわずか3分間で逆転に成功した。
 
その後も再三ボールを呼び込み、絶妙のタイミングで空いたスペースへ走り込み、相手守備陣に脅威を与え続けた。後半には前かがりになった相手へカウンターから4点目のPKのファールをもらい、4得点中3点に絡む活躍をみせ、チームは昨年に引き続きベスト4進出を決めた。
 
昨年からエースとして9番を背負い、選手権の県大会優秀選手にも選ばれた。今年はサッカー部強化6年目で初めて新人戦を制してタイトルを獲得した。選手全員が高い技術と戦術理解を持っており、埼玉の頂点を取り初の選手権出場も夢ではない。それには野村の活躍が欠かせない。

 IMG_7386

 IMG_7822

 4点目のPKを獲得

 

チーム名 昌平
ポジション FW
背番号 9
サイズ  172cm
学年 3年
前所属 春日部市立豊春中 
代表歴  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る