【サカスタ044】 FW滝沢昴司 桐生第一

打倒前橋育英に燃えるストライカー

【関東大会Bグループ1回戦市立浦和0-3桐生第一
 
IMG_5998

 関東大会Bグループ1回戦市立浦和戦は3-0の完勝。その立役者は2得点を上げ、今年からチームの背番号10を背負うMF滝沢昴司(3年)だ。
  この日は下がり目のツートップ(トップ下)とし先発した滝沢は試合開始から、前線からの激しいプレスで市立浦和の攻撃にリズムを作らさない。終盤には、球際の強さでセカンドボールを拾った桐生第一がペースを掴み、滝沢も強引なドリブルでボールを前へ運ぶが決定機はなく前半は0-0終了した。

IMG_6448  
  後半開始5分に右からのクロスのこぼれ球をエリア内中央に走りこんできた滝沢は右足で右隅に強烈なミドルシュートで先制点を決めた。そして2分後には右サイドのクロスからのパスを強烈なミドルシュートを突き刺しあっという間に2得点を決めた。
 
 3点目が入り、試合が決まったことでお役御免の途中交代となったが、大きなインパクトを残した。181cmの長身と自信に満ち溢れた胸を張った歩き方、顔つきも含めは高校時代の本田圭祐を彷彿とさせる。
 
IMG_6074

 チームはフィジカルがとメンタルが強い選手が多く、この試合だけで全国レベルであることを証明した。そして気になるのは、昨年の選手権準優勝の前橋育英の存在だ。
 新人戦ではその前橋育英を相手に接戦を演じて3-2で勝利した。高校総体、選手権予選と対決が予想されるが、滝沢の前線からのプレスと決定力、双子の弟である和司と息のあったコンビで、打倒前橋育英を果たして全国へ十分行ける可能性を感じた。
 
チーム名 桐生第一
ポジション FW
背番号 10
サイズ 181cm 66kg 
学年 3年
前所属
リトルジャンボ
代表歴  

 

この記事を書いた人

サカスタU18
サカスタU18
サカスタU18の運営者です。高校世代のサッカーが大好きでこの世代にフォーカスしたサイトを作り応援しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る