”得点力だけでなく、ドリブル、フィジカル、組み立てが可能な万能的FW

【Jユースカップ1回戦 川崎フロンターレU-18 3-2 ジェフユナイテッド千葉】
  Jユースカップ1回戦屈指の好ガードは川崎が千葉に逆転勝利で2回戦に進んだ。この試合では、得点こそなかったが、トップチーム同様、パスサッカー主体チームにおいてゲームを組み立てていたのが、川崎のFW岸晃司(3年)だ。
 
IMG_7178
 

 前線ではドリブルや積極的なシュートで相手ゴールを脅かせば、ボールが回ってこない時間帯には、自ら中盤まで下がって、パスを引き出す。自分の前方にスペースがあれば、細かいステップから積極的にドリブルを仕掛ける。セットプレーでもプレスキッカーを任されており、正確なキックで、宮代の2点目を演出した。
 
 フィジカルも強く、相手の当たりにも負けないため、ボールのキープ力も持ち合わせている。
 
 守備に関しては前線から積極的にプレスをかけるタイプではなく、相手のパスコースに入ってスペースを消すタイプであると言える。ここは評価が分かれるだろう。
  
  いよいよ明日18日はアウェーで、昨年の優勝した鹿島アントラーズユースと対戦する。プレミアリーグでも上位争いをしており、強敵だ。勝つには相手のマークが予想される岸が、いかにいい形でボールをもらえるかにかかっている。
 
 Jユースカップ終了後は、プリンスリーグ関東が再開される。現在6位だが、参入戦に参加できる3位との勝ち点差はわずか1と十分参入戦を狙える位置につけている。
 
 高校世代の試合が少なくなっているが、トップチームに昇格するのだろうか?次のステージでも是非見てみたい選手だ。
IMG_7887
 

チーム名 川崎フロンターレU-18
ポジション FW
背番号 9
サイズ 176cm 70kg 
学年 3年
前所属
川崎フロンターレU-15
代表歴 U-17日本代表


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る