94sensyuken
青森山田
桐光学園 〇 
矢板中央
大社
聖和学園 ▲ 
野洲 ▲ 
 
 桐光学園から日章学園までのCブロックでは、プレミアイースト2位の青森山田が本命となる。U-18日本代表のGK末廣、ベガルタ仙台内定のCB常田、SB北城、ダブルボランチの末永と高橋、ベルマーレ平塚内定のMF神谷など優勝候補に相応しい選手を揃える。その青森山田と初戦で対戦するのは、高校総体ベスト4の立正大淞南を倒し、プリンスリーグ中国でも3位に入った大社が迎え撃つ。堅い守備とパスワークとサイドチェンジで攻撃を組み立てる。油断すると昨年のように1回戦で敗退する可能性もある。
優勝候補青森山田も中国の強豪大社との対戦。こちらも侮れない相手となった

優勝候補青森山田も中国の強豪大社との対戦。こちらも侮れない相手となった

 
 対抗は神奈川の桐光学園、ジュビロ磐田内定でU-18日本代表のFW小川、180cmのCB安倍と小林、技術に優れたボランチ桑原、両サイドでイサカと西川が躍動する。3回戦で青森山田を勝利すれば、優勝する可能性も純分期待できる。
FW小川を中心に総合力の高い桐光学園

FW小川を中心に総合力の高い桐光学園

 
 矢板中央も十分優勝が狙える戦力を持っている。昨年の選手権でもコンビを組む森キョーワンと川上の大型CB、森本と澤野のツートップは相手に脅威を与える。そして、個人技をベースに魅力的なサッカーを展開する野洲と聖和学園の対決は華麗なテクニック対決は面白い対決となる。特に野洲の林と村上、聖和学園の谷田には注目だ。
 

他のブロックの展望を見る

Aブロック |Bブロック |Cブロック |Dブロック


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

進路情報

サカスタU-18は次のステージとなる進路情報についてわかる範囲でお伝えします

ページ上部へ戻る