94sensyuken
東福岡
市立船橋 〇 
京都橘 
阪南大高
新潟明訓 ▲ 
尚志 ▲ 
 
 丸岡から市立船橋までがBブロックだ。ここでは東福岡と市立船橋が入り今大会、最激戦区のブロックとなった。このブロックの本命は、東福岡だ。高校総体を連覇、Jユースがひしめくプレミアリーグウエストでも2位に入り、優勝候補の筆頭ともいえる。今年は昨年のMF中島や増山のような個はいないと言われていたが、組織力を磨きながら、個も成長していった。年代別代表の経験もあるGK脇野、CB福地、アンカー鍬先、攻撃的MFの中村と年代別代表経験のある2年生アタッカー藤川、ドリブラー三宅、高さと落ち着きのあるFW餅山と個も光る。
東福岡は優勝候補筆頭

東福岡は優勝候補筆頭

 
 対抗は高校総決勝体で東福岡にPK負けした市立船橋だ。今年はプレミアイーストでも4位に入り、十分優勝が狙える陣容だ。GK寺尾、CB白井、杉岡 
MF原、J1仙台内定の椎橋、高、FWには同じくJ2内定の永藤と選手層が厚い。また相手や試合状況に合わせてフォーメーションを変えるため、非常に負けにくいチームに仕上がった。しかし初戦はプリンスリーグ中国優勝の米子北と気の抜けない戦いとなりそうだ。
高校総体準優勝の市立船橋、東福岡に勝つことができるか?

高校総体準優勝の市立船橋、東福岡に勝つことができるか?

 
 3年大会連続でベスト8以上に入っている京都橘も侮れない。昨年からレギュラーのGK谷田貝と年代別代表に選ばれるFW岩崎を中心に下級生主体のチームとなっている。残念ながらプレミアリーグウエストでは最下位だったが、選手権予選では勝負強さを見せ、見事出場券を勝ち取った。
 
圧倒的なスピードと飛び出すタイミングが絶妙のFW岩崎

圧倒的なスピードと飛び出すタイミングが絶妙のFW岩崎

 
 その京都橘と初戦でぶつかる尚志も技巧派MF高梨とエースFWの小野で上位進出を狙っている。激戦区大阪を勝ち抜き初出場を決めた阪南大高は長身CB小松、MF稲森、FW森井でダークホースの存在だ。
 
 
 その他、年代別代表にも選ばれた経験を持つMF加藤を擁しプリンスリーグ北信越2位の新潟明訓、堅い守備と献身的な動きで東京を制した駒沢大高にも注目だ。

他のブロックの展望を見る

Aブロック |Bブロック |Cブロック |Dブロック


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

進路情報

サカスタU-18は次のステージとなる進路情報についてわかる範囲でお伝えします

ページ上部へ戻る