94sensyuken
大津
前橋育英 〇 
神戸弘陵
四日市中央
帝京第三 ▲ 
広島皆実 ▲ 
 
 都市大塩尻から前橋育英までのDブロックでは、2回戦屈指の好ガード、前倍育英と大津の勝者がベスト4へ近づくことになりそうだ。昨年の選手権準優勝の前橋育英は、主力がごっそり抜け、春先からチームを作りが遅れ、夏の高校総体出場を逃すなど低迷が続いた。夏に時間をかけてチームを作り直したことで、後半はプリンスリーグ関東でも勝利を重ね、最終的には2位となった。ボランチの尾ノ上、スピードのあるドリブルを持つMF佐藤、昨年を経験する数少ないメンバーとしてFW横澤と野口が決定的な仕事でゴールに迫る。
昨年準優勝の前橋育英、今年こそ優勝なるか。

昨年準優勝の前橋育英、今年こそ優勝なるか。

 
 対する大津はプリンスリーグ九州を圧倒的な強さで優勝、プレミアリーグ参入決定戦でも、静岡学園と歴史に残る死闘を制して、来年のプレミアリーグへ参戦を決めた。ガンバ大阪内定のCB野田、同じく空中戦に強い眞鍋、アンカーの河原、運動量とテクニックを誇る河田、パスセンスと磁石のようなトラップを見せる吉武、プリンスリーグ九州徳添付の原岡、ガンバ大阪内定のFW一美と攻守にタレントを揃える。失点が多いのが気をなるが、攻撃力は今大会No.1とも言える破壊力を持つ。
守備が安定すれば優勝する可能性が高い大津

守備が安定すれば優勝する可能性が高い大津

 
 神戸弘陵もこのブロックの勝者となる可能性もある。地元で開催の高校総体の出場は逃したが、激戦のプリンスリーグ関西で優勝、プレミアリーグ参入決定戦でも勝利し来年のプレミアリーグ出場を決めた。安定した守備と個性的な攻撃が魅力だ。特に裏への動き出しに定評にあるFW土井と入谷のツートップは相手にとって脅威となる。
プレミア昇格を決めダークホースの神戸弘陵

プレミア昇格を決めダークホースの神戸弘陵

 
 その他には、サンフレッチェ広島入団が内定しているMF森島と小林擁する四日市中央工、最終ラインを高く保ち、コンパクトなパスサッカーを展開する帝京第三、高校総体ベスト8の広島皆実、2年生主体の國學院久我山にも注目。
 

他のブロックの展望を見る

Aブロック |Bブロック |Cブロック |Dブロック


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

進路情報

サカスタU-18は次のステージとなる進路情報についてわかる範囲でお伝えします

ページ上部へ戻る