タグ:京都橘

  • 【高校選手権】緊張感高まる京都橘

    京都橘の緊張感が一気に高まってきた。埼玉県内で行った約1時間半の最終調整ではゲーム形式のほかに鵬翔の得点源であるセットプレー対策を繰り返し、米沢監督は「セットプレーが勝負を分けるので確認したかった」と狙いを説明した。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【高校選手権】京都橘と鵬翔、決勝ひかえ最終調整

    第91回全国高校サッカー選手権は降雪のために14日から延期された決勝を19日午後0時5分から東京・国立競技場で行い、4大会ぶり2度目の出場となる京都橘と6大会ぶり12度目出場の鵬翔(宮崎)がともに初優勝を懸けて対戦す…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【高校選手権】高校サッカー頂点は鵬翔か京都橘か? 順延後、2つの選択に隠された意図。

    「ええっ! 国立まで来たのに、中止になっちゃうの!」  1月14日「成人の日」、東京・国立競技場の千駄ヶ谷門では、先着3000人の無料招待を目指して朝早くから集まった多くの小学生や、高校サッカーファンから嘆息が漏れ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【高校選手権】高校サッカー決勝延期センター試験と同日に もし受験者いたら…

    異例の大雪では仕方がない。第91回全国高校サッカー決勝は、19日に延期が決まった。  主催者側には、決勝を行わず両校優勝とする考えもあったが、全国高体連サッカー専門部の横田部長は「やはり選手権は特別な大会。決勝とい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【高校選手権】水入りも両校闘志新た

    降雪による決勝順延という異例の事態でも、京都橘と鵬翔の両校に動揺はない。それどころか京都橘の米沢監督は「いい状態でやらせてもらえる」と前向きにとらえ、鵬翔の松崎監督も「しっかり準備し全力で戦う」と闘志を新たにする。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【高校選手権】京都橘、決勝まで首都圏に滞在

    京都橘(京都)と鵬翔(宮崎)による、全国高校サッカー選手権の決勝戦(東京・国立競技場)が14日、降雪による悪天候のため中止となり、19日に延期となった。同大会の延期は昭和天皇の崩御で準決勝、決勝が2日間延期された88…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【高校選手権】鵬翔、地元に戻って英気養う

     京都橘(京都)と鵬翔(宮崎)による、全国高校サッカー選手権の決勝戦(東京・国立競技場)が14日、降雪による悪天候のため中止となり、19日に延期となった。同大会の延期は昭和天皇の崩御で準決勝、決勝が2日間延期された8…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【高校選手権】決勝は雪で19日(土)に順延

    第91回全国高校サッカー選手権の決勝、鵬翔(宮崎)―京都橘は14日に東京・国立競技場で行われる予定だったが、降雪のために19日に順延された。会場は同じで開始は午後0時5分。大会主催者によると、悪天候で決勝が延期された…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【高校選手権】京都橘の強力2トップ、仙頭・小屋松が育った背景を考える

    12月30日から熱戦が繰り広げられてきた第91回高校サッカー選手権も14日の決勝を残すのみとなった。そのカードが鵬翔(宮崎)対京都橘(京都)になると予想できた者は皆無に等しいだろう。ユース関係に詳しい取材者でさえ、両…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【高校選手権】京都橘の原動力はドMビデオ

     第91回全国高校サッカー選手権で、京都橘(京都)が初の決勝(14日、国立)進出を決めた。準決勝はエースFW小屋松知哉(2年)が得点ランク単独トップに立つ大会通算5得点目を奪うなど怒とうのゴールラッシュで、優勝候補の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る